海街チャチャチャ

海街チャチャチャの最終回あらすじネタバレ!ラスト結末はハッピーエンド!?

この記事では、韓国ドラマ「海街チャチャチャ」の最終回あらすじネタバレについて、どのような結末なのかご紹介します。

最終回は、コンジンの人たちそれぞれの美しい物語の終わりが丁寧に描かれており、今までの辛い内容や困難を忘れさせるような温かな内容となっています!

それでは、実際に詳しく見ていきましょう!

韓国ドラマ「海街チャチャチャ」最終回のあらすじは?

韓国ドラマ「海街チャチャチャ」は全16話のドラマで、最終回は16話となっております。

大切な人に別れを告げるコンジンの住民たち。ドゥシクのために思い出に残るサプライズを計画するヘジンだが、実はドゥシクも同じことを考えていて…。

引用ーNetflix/海街チャチャチャ公式サイト

ネタバレ注意!韓国ドラマ「海街チャチャチャ」のラスト結末は?!

ソウルの大学に教授として呼ばれたヘジン、またとないチャンスを得たヘジンですが、ホン班長の過去を知り躊躇います。果たして、ヘジンとホン班長はコンジンで幸せになれるのでしょうか。

気になる「海街チャチャチャ」最終回の結末をネタバレ有でご紹介します!

ガムニおばあちゃんとのお別れ

近所の仲良しな、おばあちゃん三人組で修学旅行生のように夜中に楽しそうに会話していたと思えば、早朝、ガムニおばあちゃんが亡くなっているのに気付きます。

ホン班長とコンジンのみんなは、ガムニおばあちゃんの最後の願いを叶えるため町のみんなと夜まで大騒ぎをします。ヘジンも最初は嫌がっていたユッケジャンも食べたいと言います。

次の日、ヘジンとホン班長はガムニおばあちゃんが書いた手紙を見つけて、今までの寂しさを埋め、ガムニおばあちゃんとのコンジンのみんなよりは少し遅いお別れをします。

ソウルにいた息子が、ホン班長と話すシーンは仕事に新しい家族に追われて、大切なものを失いかけているすべての人への温かい忠告のように感じます。

ヘジンとホン班長の結婚式

ホン班長にソウルの大学での臨床教授の席へ就くチャンスをもらったと打ち明けたヘジン。

ホン班長は、ヘジンの望むことならそうしないと。と後押ししようとするホン班長ですが、ヘジンはコンジンでしなければならないことがある、とコンジンに残ると言います。

その”しなければならないこと”は、街の掃除、イ・ジュンのスムスミを見に行く、ジュリとDOSの話をすること。そして何より、自分がコンジンに一つしかない歯医者の院長だから。最後は、ここにはホン班長がいるから。と伝えます。

そしてホン班長にどうやってポロポーズをするか悩むヘジンですが、ミソンの初心に戻れという助言をもとに初めて二人で出会った海辺にホン班長を呼びます。

結婚式はソウルで挙げるから、婚約写真をコンジンで二人で撮りたいというヘジンですが、コンジンのみんなはそうさせません。大好きな街のみんなに見守られながら写真を撮ります。

コンジンの3つ目の謎

5話でミソンが、ヘジンにコンジンには3つのミステリーがあると伝えますが、そのロトを当てた人物がわかります。

なんとミソンの彼氏、チェ・ウンチョル警察官です!

そのお金で、自分のロトをはずしたミソンに海辺で一緒に二人で住む家を建てようと伝えるウンチョル。

今までのお金の使い方と自分の夢について語るウンチョルに、ミソンは惚れ直します。ヘジンとホン班長とは違う魅力の二人のラブコメもとても愛らしく魅力的な結末を迎えます。

韓国ドラマ「海街チャチャチャ」の最終回に終わってほしくない!?みんなの感想!

コンジンのみんなと過ごす温かい最終回について、どんな意見があるのか調べてみました!

最終回だけでなくこのドラマは、それぞれの役が生きていて誰からも人生で大切なことを学べます!

本当にキャスト全員の演技が素晴らしいです。主役二人の物語だけでなく、コンジンそれぞれの物語にも感動があります!

コンジンの謎に注目するのも面白いですよ!

韓国ドラマ「海街チャチャチャ」のオススメポイント!

生きるテンポが正反対の男女が、リズミカルにお互いの足を引っ張る不協和音ラブストーリー。成果志向型の女”ユン・ヘジン”と幸福追求型の男”ホン・ドゥシク”の呼吸はそれはもう最悪。

リズムを失い、ステップが合わなくてもその軋みが何故か楽しくなり始める。ホン班長の余裕は素敵に見え、彼女の慌ただしさは甘く見えるように感じます。

街の人誰もが主人公のヒューマンストーリー。すべての存在はそれぞれの価値があるということ、時には真珠より日差しが眩しい砂粒が美しいということを見せてくれる、平凡な人たちの特別な日常が感じられます。

韓国ドラマ「海街チャチャチャ」の最終回あらすじネタバレまとめ!

数々の韓国ドラマを制覇してきた私でも、このドラマには何か違う魅力を感じます。

キャストは必ずしもビジュアルだけ特別なわけでなく、ドラマの内容はありふれたジャンルのラブコメというものではありますが、お互いの秘密や欠点に寄り添い、その人の持つ傷にお互いが惹かれ、誰かに対する登場人物の気持ちが切実で真っ直ぐに見える温かい物語です。

平凡に暮らす人々が、誰しも少しは特別な日常を夢見るように、この物語はそのファンタジーを現実に存在すると証明してくれます。

是非一度ご覧くださいね!