ホテルデルーナ

ホテルデルーナ最終回あらすじネタバレ!ラスト結末は別れに大号泣?!

この記事では、韓国ドラマ「ホテルデルーナ」のあらすじ、最終回ネタバレについて、どのような内容なのかをご紹介します!

いよいよあの世へ旅立とうとするマンウォル。

あの世に近づくにつれ、チャンソンとの思い出も消滅していきますが、これ以上マンウォルをこのホテルで過ごさせたくないチャンソン。

果たしてラスト結末では、幸せな二人の姿を見ることはできるのでしょうか?

韓国ドラマ「ホテルデルーナ」のあらすじ、最終回ネタバレについてさっそく解説いたします!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

韓国ドラマ「ホテルデルーナ」最終回のあらすじは?

韓国ドラマ「ホテルデルーナ」の予告動画とあらすじを見てみましょう♪

「ホテルデルーナ」の最終回は16話です。(韓国でのテレビ放送の場合)

  • 韓国でのテレビ放送
  • 日本でのBS、CSなどでの再放送
  • VODでの配信

では最終回が何話なのかが異なるので注意してください!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ネタバレ注意!韓国ドラマ「ホテルデルーナ」のラスト結末は?!

それでは韓国ドラマ「ホテルデルーナ」の最終回についてネタバレしていきます!

①それぞれの道

ホテルデルーナのスタッフたちを見送ったマンウォル。

次は、マンウォルの番になりました。

三途の川駅のトンネルの前で、別れを惜しむマンウォルとチャンソン。

マンウォルは「この瞬間が来た時、あんたになんて言おうかって、数え切れないほど考えた。ごめんね、ありがとう、元気でね・・・かっこいい言葉もたくさん思いついたのに、いざこの瞬間がきたら、頭が真っ白になっちゃった。ずっとあんたに、側にいてほしかった。ずっと、会い続けていたかった。あんたを残して、ここを離れたくないの。」と涙を流します。

「私は、少しも強くなんかない。弱い人間だけど、あんたの前では強がってみせてたの。あんたのために、ここを去るのを止めようとしたくらい。こんなに誰かを愛するようになるなんて思ったこともなかった・・・ほんと、バカみたい。」

と、素直な気持ちを打ち明けてくるマンウォル。

思わず抱きしめるチャンソン。

「私たち、来世でもまた必ず、会いましょう、どんなことがあっても必ず会いましょう。ん? ん?」

頷くだけで精一杯のチャンソン。

再び会う約束して、マンウォルは去っていきました。

長い橋を1人渡るマンウォルは、百合の花を片手に、晴々とした表情で一歩一歩歩いていきました。

②ある晴れた日の公園で・・・

ある晴れた日の公園で、『存在と時間』という本を読むチャンソン。

そこへ一歩ずつ、近寄ってくる女性が・・・。

「早かったですね。もっとかかるかと思ってたのに・・・」というチャンソンに、あんたが待ってると思ったから、急いだというマンウォル。

チャンソンは、僕たちの人生のどこかで再会するとしたら、その日がきたら、ずっと一緒にいたいという美しい幻想を見ました。

③ホテルブルームーン

麻姑神は「私は本日、重大発表をしようとするのに、まだ集まってないのね。12人が皆集まったことがないよ。新しい場所に意外な人物がいるだろう」と話した。

「ホテルデルーナ」の看板は、「ホテルブルームーン」に変わり、その新しい主人が現れます。

ホテルを見回した主人は、スタッフたちと挨拶を交わし、「月が出ました。営業を始めましょう」と言い、エンディングとなりました。

 

スポンサードリンク

韓国ドラマ「ホテルデルーナ」の最終回は大号泣?みんなの感想は?!

それでは、韓国ドラマ「ホテルデルーナ」に最終回について、SNSではどのような感想があったのでしょうか?

さっそく調査開始です!

最終回は、嗚咽するほど号泣したとのコメントです。

オンナ版トッケビとも噂されましたが、前評判通りの素敵な作品でしたね!

こちらも、最終回をみて号泣したとのコメントです!

「ホテルデルーナ」の世界感にどっぷりとハマる人が続出し、最終回を惜しむ声が沢山見受けられました。

最終回では、ホテルデルーナで長年働いてきたスタッフ達との別れのシーンもありました。

スヒョンさんが最後の最後に出てきて、涙涙の中、一気にテンションが上がりました!

 

韓国ドラマ「ホテルデルーナ」のオススメポイント!

最終回の、二人の別れのシーンが最大の見どころでした。

あの世へ行ってしまうマンウォルと、現世を生き続けるチャンソン。

マンウォルは、本当は自分は弱くて強がっていたと打ち明け、それを分かっていたチャンソンは、マンウォルを抱きしめました。

このままここに居たいという気持ち、チャンソンも引き留めたい気持ちでいっぱいなのですが、マンウォルに成仏してもらうためには別れの道を選ぶ他はありませんでした。

いつか別れてしまう二人を想像しながらも、最後はマンウォルが普通の人間になって二人はハッピーエンドになるのかな?と期待しつつ見守りましたが、「ホテルデルーナ」の世界観に最も適した結末だったのではないでしょうか。

何より、最終話のエピローグでキム・スヒョンさんが「ホテルブルームーン」の社長として登場したシーンは、テンション上がりました!!

脚本を書いたホン姉妹は「まだ具体的にシーズン2を制作しようと思っているわけではなくて「月の旅館は続く」という意味で作ったシーンだった。ホテルデルーナの社長が女性だったため、ホテルブルームーンは男性が社長をしてみるのも面白いかもしれない。」とインタビューでこたえています。

シーズン2への期待も膨らみますね♪

 

韓国ドラマ「ホテルデルーナ」の最終回あらすじネタバレまとめ!

いかがでしたか?

韓国ドラマ「ホテルデルーナ」は、大号泣だったという感想通り、素敵なラストシーンとなっていました。

想像の中だけでも、幸せそうなチャンソンの姿を見れて幸せな気持ちになりました。

いつの日か、約束通り二人は再会できるといいですね♪

最後の最後まで楽しませてくれる、ファンタジーラブロマンスでした。

韓国ドラマ「ホテルデルーナ」、是非チェックしてみて下さいね♪