推理の女王

推理の女王最終回をネタバレ解説!ラスト結末はシーズン2への序章?

この記事では、韓国ドラマ「推理の女王」のあらすじ、最終回ネタバレについて、どのような内容なのかをご紹介します。

ワンスンは、恋人ヒョンスの失踪と、ソロクの両親の事件は関連があることを確信しますが、チャン・ドジャン殺人事件の容疑者として、コ刑事に逮捕されてしまいます。

ウ警部の手助けで、ワンスンはソロクを助けにある古い建物に向かいます。

しかし、その建物は恋人ヒョンスが拉致されていた建物でした。

隙を狙って脱出しようとしたソロクは、コ刑事に見つかり、駆け付けたワンスンの目の前で銃に撃たれてしまい・・・。

さて、いよいよ最終回!

果たしてどんな結末を迎えるのでしょうか?!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

韓国ドラマ「推理の女王」最終回のあらすじは?

韓国ドラマ「推理の女王」の予告動画とあらすじを見てみましょう♪

「推理の女王」は、韓国のKBSで2017年4月5日から2017年5月25日まで放送されていました。

コ刑事の銃弾に倒れたソロク。ワンスンは犯人を追ってというソロクの言葉にも、まずはソロクを病院へ運び、幸い命を取り留める。しかし、ソロクを助けるためにハ代表と取り引きをしたワンスンは、父親の命令どおり警察を辞める。ハ&チョンの事務局長として働き始めたワンスンは、警察の仲間たちとも連絡を断つ。ある日、会員制のクラブでワンスンと一緒に飲んでいたジウォンは、ワンスンからヒョンスが生きていると聞いて驚く。

引用:https://knda.tv/kntv/program/synopsis/kn000737/page/2/

「推理の女王」の最終回は16話です。(韓国でのテレビ放送の場合)

  • 韓国でのテレビ放送
  • 日本でのBS、CSなどでの再放送
  • VODでの配信

では最終回が何話なのかが異なるので注意してください!

詳しくは「推理の女王」は全何話?の記事でご確認ください♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ネタバレ注意!韓国ドラマ「推理の女王」のラスト結末は?!

それでは、韓国ドラマ「推理の女王」のラスト結末について、完全ネタバレでお届けしていきます!

①負傷を負ったソロク

引用:
http://newsen.com/news_view.php?uid=201705231724561910&search=title&searchstring=추리의%20여왕

焦りから見境をうしなったコ刑事は、ソロクを撃ち、ソロクは階段から転げ落ちてきました。

そんな状況でもソロクは、真犯人が向こうにいると繰り返します。

ワンスンはソロクを抱きかかえると、「今は、真犯人なんか重要じゃないだろ!俺が助ける、信じろ、俺を信じろ」と病院に運びました。

すでに病院には、ソロクの義家族が待ち受けていました。

ソロクの夫ホチョルに、何をした!と詰め寄られても、頭を下げるしかないワンスン・・・。

ソロクの手術が終わり、あと1ミリでもずれていたら大動脈を損傷していたと医師から告げられソロクは眠り続けました。

病室で寝ているソロクに、「もう危険な目にあうのを見ていられない。ご両親のことも申し訳なかった。真犯人を捕まえたかったがここまでだ。」と、別れを告げます。

ワンスンは、父親であるハ代表に会いに行き、ヒョンスは死んでいるのか?17年も待ち続けて、もう真実が知りたい!と言うワンスン・・・。

その後、スーツ姿のワンスンは、国際弁護士の資格を取るためにアメリカに向かいました。

②その後のソロクは・・・

ソロクは、ギョンミのお店を手伝いながら、夫と別居し一人で住んでいました。

夫ホチョルは、済州島の検事局勤務となって単身赴任。

一方、韓国に戻ったワンスンは、「アメリカでヒョンスに会った。韓国に連れてくるつもりだ」という噂を広めました。

この噂を聞いて、ヒョンスの殺害を請け負った父ハ代表と、疑の男キム室長は動揺します。

引用:
http://mottokorea.com/mottoKoreaW/FunJoy_list.do?bbsBasketType=R&seq=55343

結局、ヒョンスの事件は遺体を掘り返してDNA鑑定することになり、現場に立ち会った父ハ代表を、ワンスンが逮捕しました。

拘置所の父親を訪ねたワンスンは、父ハ代表に「お前は何もわかっていない。すべてお前のためにやったのだ。ソ・ヒョンスは、お前の考えているような女じゃない。お前が解決した事など何もない。」と意味深な言葉を残しました・・・。

引用:
http://mottokorea.com/mottoKoreaW/FunJoy_list.do?bbsBasketType=R&seq=55343

そして、一度も正体を明らかにしたことのないキム室長が、ある女性と会い、その女性は「私はソ・ヒョンスよ」と言いました。

警察官試験を目指して、猛勉強中のソロク。

時が経ち、法律事務所ハ・アンド・ジョンの雑用を引き受けていたコ刑事が殺されたというニュースを聞き、ワンスンとソロクは「まだまだ、この事件は終わってないとニヤリとしたワンスンの姿でエンディングとなりました

スポンサードリンク

韓国ドラマ「推理の女王」の最終回はハッピーエンド?みんなの感想は?!

それでは、韓国ドラマ「推理の女王」に最終回について、SNSではどのような感想があったのでしょうか?

さっそく調査開始です!!

これで終わり?というエンディングでしたね。

ワンスンの父が残した言葉も、エンディングでのワンスンの「まだまだこの事件は終わっていない」という言葉も、そして謎の女性ヒョンスも!

謎だらけのラストで、シーズン2への期待が高まりましたね!

主婦ならではの視点を持った推理が、とっても面白かったですよね!

次回作があるのを知らないと、えーーー!?というラストでしたね ^^

早くもシーズン3を熱望するコメントです!!

シーズン3にも期待しましょう(^O^)/

韓国ドラマ「推理の女王」のオススメポイント!

刑事も脱帽するほどの推理能力をもつ女性、しかもそれは普通の主婦!というソロクのキャラクターを、チェガンヒさんがとても上手く演じていて、このドラマの面白さと深みを出していました。

家でのソロクは、お料理は「壊滅的なセンス」で、家族が我慢しながらソロクの作ったお料理を食べていたり、家事はちょっと苦手な主婦。

しかし、スーパーのタイムセールでは、その推理力を発揮し、いち早く特売品を特定して、並みいる主婦たちを尻目に新鮮卵を半額でGETする姿など、面白おかしく描かれていました。

あっけらかんと明るい性格のソロクにも、悲しい過去があって、高校時代に両親が亡くなり、自殺じゃないと訴えますが、聞く耳をもたなかった担当刑事。

これがきっかけとなり、警察官を目指し、推理の世界にのめり込んでいきます。

身寄りのないソロクを、母の親友だったギョンスク(現在の義母)が引き取り、ギョンスクの息子ホチョルと結婚しますが、好きだから結婚したというものの、ギョンスク家族への恩返しの様に感じ、切ない気持ちになりました。

最後は、自立して別居するという強さも見せ、お茶目で可愛らしく、見ていると自然に応援してしまうような、魅力あふれるキャラクターでした!

韓国ドラマ「推理の女王」の最終回あらすじネタバレまとめ!

いかがでしたか?

「推理の女王」の最終回は、事件は終わってないというセリフで終わるという、ある意味衝撃的なラストでした。

まるでシーズン2への序章のようでした。

早くもシーズン3を期待する声もありますが、シリーズ化していくのか、最後まで見守っていきたい面白いドラマでした!

韓国ドラマ「推理の女王」を、是非チェックしてみて下さいね♪