ザ・キング永遠の君主

「ザ・キング:永遠の君主」最終回あらすじをネタバレで紹介!!ラストの結末は?

韓国ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」の最終回あらすじをネタバレで紹介していきます。

並行する2つの世界をつなぐ門を介して、大韓帝国の若き皇帝イ・ゴンと現代の大韓民国の正義感の強い女刑事チョン・テウルが出会い、繰り広げる異次元のロマンス・ファンタジードラマです。

同じように2つの世界を行き来することが出来るイ・リムが2人の前に立ちはだかります。

最終回では、いよいよ過去に戻ってイ・リムとの戦いが始まります。

そんな「ザ・キング:永遠の君主」の最終回をの結末を見てましょう。

韓国ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」最終回あらすじは?

韓国ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」は、韓国・SBSで2020年4月17日〜6月6日まで放送されました。

その後1話ずつNetflixで日本で公開されています。

イ・ゴンはイ・リムを阻止するためにチョ・ヨンと一緒に1994年の「謀反の夜」に戻ります。そして完全体の萬波息笛を持って竹林に向かい、イ・リムを四寅剣で斬ります。

一方チョン・テウルはゴンが過去に戻っている間、次元の扉の中でイ・リムを守っていますが、自分が持っていた半分の萬波息笛の消えると1994年に向かったゴンが失敗したと考えます。目の前にいるリムを殺すために銃の引き金を引きますが・・・

ネタバレ注意!韓国ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」のラスト結末は?

それでは韓国ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」のラストの結末について、完全ネタバレでご紹介します。

①過去に戻ったゴンとヨン

ゴンは、ヨン連れて、1994年の謀反の日の夜に戻ります。そしてゴンは、「もし私が失敗すれば、お前がイ・リムを殺すのだ」とヨンに命令します。しかしヨンは「陛下をお守りする最後の機会なのです」といい、ゴンの命を優先します。ヨンは、全力で幼いゴンの命を守り、ヨン自身は負傷して倒れてしまうのです。

ヨンはこのまま亡くなったかのように思いましたが、ゴンが助けに来て命が助かりました。もちろんヨンの記憶もそのままでした。

 次元の扉の中のテウルとリム

ゴンが過去に戻っている間、テウルは次元の扉の中でリムと一緒にいます。

テウルが持っていた半分の萬波息笛が消え、失敗したと思ったテウルは、リムに銃口をむけ引き金を引きますが、発砲されることはありません。

しかし、過去のリムが死ぬことで発砲され銃弾がリムの体を突き抜けていきます。

そしてテウルは、大韓民国に戻されるのでした。

 ゴンとリムの最後の戦いの結末

完全体の萬波息笛がリムの手に渡った時、ゴンとテウルが半分ずつ持っていた笛は消えてしまいます。

完全体の笛を持ったリムは、竹林へ逃げます。追いかけてきたゴンを見て、四寅剣を持っていることに気づき、未来から来たゴンだと見抜くリム。

そしてゴンは、リムを打首とし完全体の萬波息笛を取り返すのです。

ゴンとテウル

テウルは、リムが死んだ後大韓民国に戻されます。

ゴンとの記憶はそのままのテウルは、会いに来ると言うゴンの言葉を信じて待ち続けます。

一方ゴンは、テウルのいる世界を探すために色々な扉を開けていきます。

そこでテウルと同じ姿をした女性たちに出会うも、なかなかテウルに出会うことが出来ません。

そしてやっとテウルが存在する世界を見つけ、2人は再会し抱き合うのです。

それからの2人は、週末ごとにいろんな扉を開け時空デートを楽しみます。

お互いにそれぞれの人生を生きて生きながら、2人は愛し続け、年を取った2人の手がクローズアップされてハッピーエンドの結末を迎えました。

韓国ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」の最終回はハッピーエンド?SNSの感想は?

それでは、韓国ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」の最終回について、SNSの感想を見てましょう。

https://twitter.com/mekko621/status/1309877170001473539?s=21

 

感情移入した!面白かった!満足した!って言う感想を多く見かけました。パラレルワールドなので、内容的には難しかったけど、満足って感想が多いことに脚本や演出が良かったことも関係しているんだと思います。

そして号泣!泣けた!という感想も多かったように思えます。

 

ドラマの見どころでの1つでもある、ゴンとリムの対決。もっと壮絶になるかと思いきや、確かにあっさりだったように思えます。

前王を殺された仇でもあるので、物足りなさを感じた気持ち分かるような気がします。

でもラストは、ハッピーエンドで良かったですよね。

どんなふうにラストを迎えるのか気になっていました。タイムスリップものだとどちらかが相手の世界に行って終わりを迎えます。

パラレルワールドはどうなんだろう?と思っていましたが、まさか時空を生かしてデートしてるなんて・・・なんて発想なんだろうと思いました。

韓国ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」のオススメポイント!

韓国ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」のオススメポイントをご紹介します。

 “パラレルワールド”の構成。

パラレルワールドとは、2つの世界を並行移動することをいいます。ここでは、現在の韓国こと『大韓民国』と君主制が今もなお続く『大韓帝国』です。

2つの世界を行き来する若き皇帝イ・ゴンと女性刑事のファンタジーロマンス。さらにサスペンス要素も加わって、重厚なストーリーとなっています。

また「トッケビ」の脚本家が今回も参加しています。どこか「トッケビ」を思わせるようなファンタジー感があります。

 イ・ミンホ演じるイ・ゴンの“完璧な皇帝”にハマる。

SNSでもイ・ミンホの皇帝は、素晴らしいって感想が上がっていました。白馬にまたがる姿がかっこいいなどイ・ミンホの皇帝を大絶賛。ファッションからしてもまさしく“白馬の王子様”

そしてテウルに対する甘いセリフもそうです。甘くとろけるようなイ・ゴンのセリフにも注目です。

韓国ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」の最終回あらすじ・ネタバレのまとめ!

「ザ・キング:永遠の君主」の最終回は、ゴンとテウルのハッピーエンドで終わりました。

実は、テウルとリムが居た空間がどんな空間なのか、ドラマを見たときは分からなかったのですが、この記事を書いたことで、なるほど!って分かりました。それぐらい私の中で、こんがらかってしまう程ドラマの内容は難しかったですが、とても見応えのあるドラマでした。

今のところNetflixでの配信しかありませんが、機会があったらぜひ見てみてください。