ザ・キング永遠の君主

ザ・キング永遠の君主のキャスト相関図を画像で詳しく!出演者紹介!

「ザ・キング:永遠の君主」のキャスト相関図並びに出演者を画像付きでご紹介していきます。

韓国版「花より男子〜Boys Over Flowers」に大抜擢され、「シティーハンターin Seoul」や「相続者たち」など数々のドラマに出演しているイ・ミンホ。

「ザ・キング:永遠の君主」では、大韓帝国の皇帝を演じています。

最高視聴率20.5%を獲得するほどの大ヒットを記録した「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」でヒロイン役を演じたキム・ゴウン。

イ・ミンホ演じるイ・ゴンと運命的な出会いを果たす刑事役を熱演しています。

その他にも「君を守りたい〜SAVE ME〜」や「マッド・ドッグ〜失われた愛を求めて〜」などで活躍しているウ・ドファン。

今回のドラマで1人2役を演じ、好演が話題となりました。

そして「輝く星のターミナル」や「ここに来て抱きしめて」などに出演しているキム・ギョンナム。

キム・ゴウン演じるテウルの同僚を演じています。

それでは、早速韓国ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」のキャスト相関図並びに出演者を見て行きましょう!!

 

「皇帝顔良すぎ」との感想がありました。
確かにイ・ミンホの顔立ちはいいですよね。
私もイ・ミンホの顔見たさに、彼が出ているドラマを何本も見ています。

https://twitter.com/pblg85815/status/1326104503498625024?s=21

 

ウ・ドンファンの演技良かったですよね。大韓民国のウンソプは、方言バリバリのお調子者なのに、大韓帝国のヨンはすごくかっこいい。同じ人物が1人2役演じていますが、全く別人に見えてしまいます。

キム・ゴウンもそうです。大韓民国のテウルと大韓帝国のルナ。お化粧の違いもあるんでしょうが、全くの別人に見えます。

「ザ・キング:永遠の君主」は、パラレルワールドで繋がった2つの世界を1人2役で演じています。

韓国ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」見どころを紹介!!

 ウ・ドファンの1人2役に注目!

「ザ・キング:永遠の君主」は、パラレルワールドでストーリーが展開されていきます。その中で数々のキャストが1人2役を演じています。中でも圧倒的な演技力を見せてくれたのが、ヒロインのキム・ゴウンとウ・ドファンです。

特にウ・ドファンは、1人4役ではないのか?と言わんばかりの演技力。後半になればなるほどその演技力は、力を発揮していきます。

キム・ゴウンもそうですが、髪型・服装そして目の動きや姿勢などで全くの別人になってしまう演技力に感動すら覚えます。ましては、ウ・ドファンの場合、方言もあります。
俳優さんの1人2役の演技に注目です。

イ・ミンホ演じる皇帝の魅力が満載!

“韓流のプリンス”と呼ばれ続けた優れたルックス、皇帝としての品格、そして浮世離れした“カワイイ抜け感”そんな感じをサラッと演じ分けれるイ・ミンホの演技力はさすがです。数々のドラマに出演し、積み上げてきたキャリアの集大成とも言えると思います。

壮絶な過去を経験し、重大な責任を背負った皇帝イ・ゴンのテウルを一途に想う気持ち。後半になればなるほど“キュートな違和感”から“切ない大純愛”へと突き進んでいく自然な感じは、グッとくるものがあります。

パラレルワールドを利用して、テウルの側に行こうとする行動にキュンとなりました。
そして馬に乗った姿がまた凛としていて、かっこいいなぁって思ってしまいました。

大韓帝国と民国をつなぐ『笛』の存在と謎!

大韓帝国と大韓民国を行き来するには、皇帝しか持てない「笛」が必要なのですが、
その笛が半分に折れてしまいます。

謀反を起こした叔父のイ・リムと皇帝であるイ・ゴンが折れた笛をそれぞれ持っています。

そして基本この2人しか2つの世界を行き来することは出来ません。

そしてイ・リムは、その笛を使い別の世界のもう1人の自分を使って悪行を。ゴンは、その悪行を止めるために使います。

イ・リムとゴンとの戦いもまたドラマの見どころの1つだと思います。

韓国ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」のキャスト&相関図のまとめ!!

パラレルワールドという2つの世界を行き来するために、こんがらがってしまう部分もあると思います。

でもパラレルワールドだから、1人2役の俳優さんたちが「あ〜、この人はこの世界ではこうなのか?」とか「えっ!この人は実は、あっちの世界の人なの?」とか思いながら見るのも楽しいかな?と思います。

 

ABOUT ME
テク
テクです。アラッソ韓ドラの運営者です。韓国ドラマばかり見ているのでその感想記事を乗せています。今までに200本みました。韓国に留学していた経験もあり韓国語も少しだけできます。BTSはテテ推しです。好きな単語はアラッソ(わかった)なので、サイト名もアラッソ韓ドラです。