麗~花萌ゆる8人の皇子たち~

麗花萌ゆる8人の皇子たちOSTはEXOからダビチまで参加!歌詞&和訳も!

この記事では、韓国ドラマ『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』のOST情報(主題歌挿入歌、歌詞日本語訳など)についてご紹介していきます!

2017年に韓国で放送され一躍人気を集めた注目のドラマ。

千年の時を超え、タイムスリップした少女と時代の波に揉まれていく皇子たちの運命と切ない恋を描いたファンタジーロマンス史劇です。

人気歌手IUを中心に、ベテラン俳優イ・ジュンギやカン・ハヌルなど若手俳優からアイドル歌手まで勢揃いした豪華キャスト陣!

そんな、涙なしでは見られない韓国ドラマ『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』のOST情報(主題歌挿入歌、歌詞日本語訳など)について見ていきましょう♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク

韓国ドラマ「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」のOST youtube動画一覧

まずは、韓国ドラマ『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』のOSTのYoutube動画を一覧にしてご紹介します!

①君のために – EXOチェン・べクヒョン・シウミン

この曲はEXOのチェン、シウミン、そして出演キャストでもあるベクヒョンの歌う”君のために”というOSTです。

ドラマ内でみんなに愛される可愛い皇子を演じたEXOべクヒョンの参加したOST。ドラマ放送前に音源が公開され音楽チャートを独占、EXOの人気を見せつけました。

このドラマのエンディングテーマ曲として使用されたこのOST、3人の見事な歌唱力と調和でドラマを色づけました。

②Say Yes – Loco&Punch

韓国の男性ラッパーLocoと女性歌手Punchの歌う”Say Yes”。

Punchの甘い声で歌われるアップテンポな曲にLocoのラップが入り可愛らしく仕上がった1曲。

恋が始まる予感を男女の声で歌い、ドラマにほっこりとした雰囲気を漂わせてくれました(^^)

③愛してる 憶えていて – I.O.I

この曲は期間限定で活動していたガールズグループI.O.Iが歌った”愛してる 憶えていて”というOSTです。

I.O.Iは、101人が参加した練習生限定オーディションを勝ち抜いた11人で結成されたグループ。2016年4月から2017年1月まで活動していました。

期間限定にも関わらずその歌唱力から爆発的な人気を誇り、2019年10月から9人で再結成が決まっている人気歌手グループです。

こちらのOSTは、へ・スのワン・ソへの切ない想いを歌った1曲となっています。

④あなたを忘れるということは – DAVICHI

OSTの女王DAVICHIの歌う”あなたを忘れるということは”。

韓国の2人組のアイドルデュオであるDAVICHI。
圧倒的な歌唱力と心に響く美しい高音ボイスで多くのドラマのOSTに参加し、ドラマを盛り上げています。

今回も聴いただけで胸が苦しくなり涙が溢れてくる、ドラマの雰囲気にぴったりなOSTを見事に歌い上げています。

➄All With You – テヨン(少女時代)

少女時代のテヨンが歌った”All With You”。

一世を風靡した少女時代のリーダーであり、抜群の歌唱力を持つテヨン。

多くのドラマのOSTに参加し、その透き通る訴えかけるような歌声がドラマの雰囲気を高めることでOSTの妖精とも呼ばれるまでに。

へ・スの切なく強いワン・ソへの想いを、透き通った力強い歌声で歌い視聴者の涙を誘いました。

⑥愛のような違うような – ぺク・アヨン

韓国の歌手ぺク・アヨンの歌うOST”愛のような違うような”。

ぺク・アヨンは韓国のオーディション番組でトップ3に入り、その後有名芸能事務所JYPエンターテインメントでトレーニングを積んだ末にデビュー。

その繊細な歌声と歌唱力で人気を誇り、『男が愛する時』や『ボーイフレンド』といった人気ドラマのOSTに参加してきました。

いつの間にかワン・ソのほうへ向かうへ・スの気持ちを可愛く歌った1曲です。

⑦My Love – イ・ハイ

この曲は歌手イ・ハイの歌う”My Love”というOSTです。

イ・ハイは韓国のオーディション番組で準優勝し、Black Pinkなどと同じYGエンターテインメントに所属

17歳とは思えない驚異の歌唱力とソウルフルな歌声で”怪物新人”と称され、世界中の注目を集めました。

少しハスキーな声で歌われたこの曲、聴いただけで涙が出てきますね…
ドラマ後半の切ない雰囲気を作り上げた大人っぽいムードのあるOSTです。

⑧私の心の声が聞こえますか – Epik High feat.イ・ハイ

こちらは韓国のヒップホップユニットEpic Highと歌手イ・ハイとで歌う”私の心の声が聞こえますか”というOST。

Epic Highはイ・ハイと同じYGエンターテインメントに所属する男性3人組のユニットで、様々なアーティストのアルバムに参加し人気を集めてきました。

Epic HighのTABLOはイ・ハイのニューアルバムをプロデュースしたりと、今回のOSTは共に音楽業界を引っ張っていく2組のコラボでの参加。

皇子たちの切ない運命を描いた本作品にぴったりのゆったりした心に重く響く1曲となっています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

韓国ドラマ「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」のOSTの歌詞&日本語訳は?

素晴らしいOSTばかりでしたよね。

歌詞がわかれば更に涙が溢れること間違いなし!

ということで、韓国ドラマ『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』のOSTの歌詞・日本語訳をご紹介していきます。

①My Love【イ・ハイ】の歌詞・日本語訳

 

この投稿をInstagramで見る

 

Saraさん(@pada_2017)がシェアした投稿

<Remember I love you I love you 愛だと信じて 運命と呼んだわ>

<あなたの瞳の中に私が生きているのに 私にだけ答えて>

<ふらついている私を引き留めてよ 私の愛 私の愛>

<私には叶えられない 縁という忘れなければならない人>

愛しているけれどもそばにはいられない、そんなへ・スの切ない想いを綴った歌詞。

イ・ハイの抜群の歌唱力で歌われたこのOSTに涙した視聴者も多いことでしょう。

②君のために【チェン・べクヒョン・シウミン(EXO)】の歌詞・日本語訳

<But I don’t know 僕の心の中でいつから君が生きていたのか I don’t know 君を見ると胸が高鳴る理由>

<君が僕のすべてを忘れてしまったなら 君が僕を思い出すまで 僕は君を待ち続けるから>

<いつでも僕のそばにおいで 君のいるべき場所に>

<愛しい君よ 僕を見ておくれ 変わらず君も僕を愛してくれているのだろうか>

へ・スを”私の人”だと呼び一途に想い続けたワン・ソ。

彼女に気持ちを無理強いすることなく、そばで守り続けるワン・ソの健気な姿を思い出させてくれるOSTです。

③All with you【少女時代テヨン】の歌詞・日本語訳

<私があなたのそばにいるから幸せです 私があなたのそばにいるから夢を見ます>

<最後の愛を あなたのために使いたいのに>

<最後の運命が あなたなら幸せなのに>

<私のすべての心を捧げたい 私のそばにあなたが永遠にいてくれるなら>

永遠にワン・ソのそばにいたいと願うへ・スの切実な想いを歌ったOST。

テヨンのこの曲を聴くと、へ・スとワン・ソが過ごした幸せな時間がフラッシュバックのように脳裏に浮かびます。

だからこそ、結末を知ってしまうととにかく涙が止まらない…
そんな幸せにもなり心が痛くもなる切ない曲です。

スポンサードリンク

韓国ドラマ「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」のOSTにSNSの感想は?

素敵な曲ばかりの韓国ドラマ『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』のOSTについて、視聴者の感想をSNSで調べてみました♪

聴いただけでまたドラマを見たくなる切ない曲が多かったですね。

「良い曲ばかりで最高」との感想が数多く見受けられました。

ドラマにぴったりの歌詞、意味がわかると更に良い!

豪華キャストに加えOSTも豪華な歌手が勢揃い、名曲ばかりなのが納得ですね(^^)

韓国ドラマ「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」のOSTリリース情報

名曲揃いの韓国ドラマ『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』のOSTリリース情報をご紹介します!

『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』のOSTリリース情報
  • 2枚組
  • 発売日:2017年7月19日
  • 価格:3,240円
  • レーベル:ポニーキャニオン
  • 特典:フォトブックレット32P(ハングル歌詞/フリガナ/日本語対訳/一言ハングル/カレンダー付き)

豪華キャストの人気ゆえなのか、フォトブックレットという豪華な特典付き!

ドラマを見た人も見ていない人もその音楽の世界に浸ることができる名曲揃いのOST、ぜひ一度チェックしてみてください♪

韓国ドラマ「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」のOSTまとめ!

以上、韓国ドラマ『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』のOST情報(主題歌挿入歌、歌詞日本語訳など)についてご紹介しました(^^)

聴いただけでその場面が浮かび、涙が溢れるような情緒ある曲が多かった『麗』のOST。

歌詞がわかると更に泣けてくる名曲ばかりで、歌手もOSTの女王からオーディションを勝ち抜いた新星まで今注目のメンバーが勢揃いです!

ドラマに泣き、OSTを聴いて泣き…ぜひ1人でも多くの人に、感動の名作を耳でも堪能していただきたいです。