前世の敵~愛して許して~

前世の敵/愛して許してキャスト&相関図を画像付きで紹介!役柄の説明も!

この記事では、韓国ドラマ「前世の敵~愛して許して~」のキャスト相関図、出演登場人物を画像付きでご紹介していきます!

「製パン王キム・タック」「いとしのソヨン」等の大ヒットドラマに出演しているチェ・ユニョンさんが、一家の大黒柱として一生懸命生きるヒロインのチェ・ゴヤを演じます。

「清潭洞(チョンダムドン)アリス」「リーガル・ハイ」等に出演したクウォンさんエリート離婚弁護士ミン・ジソク役で登場します。

二人の純粋な恋愛を中心に、両家の争いと、欲望渦巻く人間模様を描いたファミリードラマです。

それでは「前世の敵~愛して許して~」のキャスト相関図、出演登場人物見ていきましょう!

 

ユニョンさんは、驚異的なあの大ヒットドラマ、キムタックで次女役を演じていましたね!

なんだか、親戚の子を見ているような親近感がありますよね!

ジソクの叔母、オ・ナラが強烈な役でした!

とにかく自分勝手で、何かにつけ気に食わないと相手を振り回して嫌な気分にさせる天才といも言える女性です><

オ・ナラのこの形相!怖いですよね!!

毎回こんな感じで、周りの人達を引っ掻き回してトラブルを起こします。

このオ・ナラも最後は丸くなるのでしょうか?

ラストはどうなるか楽しみですね!!

 

韓国ドラマ「前世の敵~愛して許して~」のおすすめポイントを紹介♪

それでは、私の独断と偏見で「前世の敵~愛して許して~」の見どころをズバリご紹介します!

オススメ①どん底就活生女子とエリート弁護士の恋の行方!

家族の為に大学を辞め、バイトを掛け持ちしてがむしゃらに頑張ってきたヒロインのゴヤは、エリート弁護士のジソクと出会いますが相手は父を略奪したオ・ナラの甥っ子!

運命のいたずらか、更に歯車が狂っていきます。

チェ・ユニョンさんが演じるゴヤが、いくつも降りかかる苦難を乗り越えて成長し、強くなっていく姿が爽快です!

また、ジソク役のクウォンさんは離婚専門の弁護士で、愛には懐疑的な人物を演じています。

クウォンさんは、兵役後初のドラマ出演となり、演技ができる現場が本当に恋しかった、死ぬ気で頑張ると明かし、3年ぶりにカメラの前に立つとは思えない堂々とした演技を見せています!

ゴヤとジソクの二人の恋の行方に注目です!

オススメ②悪女すぎるオ・ナラ

オ・ナラがいないと、このドラマは盛り上がらない!といっても過言ではない程、彼女の見事な悪役っぷりが凄いです!!

オ・ナラ役のチェ・スリンさんは、元々MC出身の女優さんで、「馬医」のクッパ店の女主人でテマンの母や、「一途なタンポポちゃん」では裏取引する孤児院の院長、チャン・マダム役として出演してきました。

悪役に定評のある彼女ですが、今回もまた憎らしい悪女を見事に演じていて必見です!

オススメ③女同士のバトルから目が離せない!

不倫の末に家族を捨てた父親の代わりに家長にならざるを得なかったゴヤ(チェ・ユニョン)、夫を奪われたゴヤの母ヤンスク(イ・ボヒ)、ゴヤの父と不倫したことで自身の夫を捨てて再婚したナラ(チェ・スリン)。

そんなナラの自分勝手な行動に嫌気がさし姉妹の縁を切ったナラの姉サラ(クム・ボラ)。

バトル必須の面子が勢揃い!!

果たしてこの悪縁を断ち切ることはできるのでしょうか?

クセのある女性たちが、火花を散らすバトルから目が離せません!

 

韓国ドラマ「前世の敵~愛して許して~」のキャスト&相関図まとめ!

いかがでしたか?

韓国ドラマ「前世の敵~愛して許して~」は、「みんなキムチ」「偉大なる糟糠の妻」等のキム・フンドンさんが演出を担当し、脚本は「清潭洞スキャンダル」等のキム・ジウンさん書いています。

韓国で大人気となった作品だけあって、一度見るとハマること間違いなしです!

韓国ドラマ「前世の敵~愛して許して~」を、是非チェックしてみて下さいね♪

ABOUT ME
テク
テクです。アラッソ韓ドラの運営者です。韓国ドラマばかり見ているのでその感想記事を乗せています。今までに200本みました。韓国に留学していた経験もあり韓国語も少しだけできます。BTSはテテ推しです。好きな単語はアラッソ(わかった)なので、サイト名もアラッソ韓ドラです。