ボーイフレンド

ボーイフレンド韓国ドラマのキャスト相関図!ボゴム他出演者を画像付で一挙公開!

ボーイフレンド キャスト

この記事では、韓国ドラマ「ボーイフレンド」のキャスト相関図・出演者登場人をご紹介します!

今1番勢いのあるパク・ボゴム×人気大女優ソン・ヘギョのビックカップル誕生😲

引用:https://www.instagram.com/p/BtNa2_7hwjz/?utm_source=ig_web_copy_link

 

映画のような美しい景色と美しいカップル♡

この記事では「ボーイフレンド」の豪華キャスト陣をご紹介します。

 

スーツ姿のパク・ボゴムさんがカッコよすぎて鼻血・・・。

お仕事モードのイケメンボゴムから、恋人モードのかわいい年下ボゴムまで、いろんなボゴムが見れて最高のドラマです♥

ステキな大人の女性の魅力がいっぱい詰まっているソン・ヘギョさん♡

本当に憧れるし、このドラマでショートカットにした女性も多いそう!

氷の女王のようなスヒョンと比べて、ジニョクに出会ってからのスヒョンはとっても表情豊かになって幸せそうな笑顔に、同性でありながらも魅力を感じました✨

キューバの街並みの美しさがとても印象的でした。

美しい街に美しい2人・・・おとぎ話のようでした。

私はパク・ボゴムさんのロングヘアめちゃくちゃ好きです😻

これまでの少年のようなイメージから一転して、大人なセクシーさが感じられてよかったです♡

 

韓国ドラマ「ボーイフレンド」の見どころをズバリ紹介!

「ボーイフレンド」ファンの私が選ぶ最高のシーンをご紹介します♡

※ストーリーのネタバレを含む為、ご覧になりたくない方はスルーして下さい!

僕たちはどこで、何になり、また出会うでしょうか?

韓国で再び、代表と新入社員として再会した2人。

ジニョクはスヒョンにサボりのお誘いをします。

自分の町内の美術館に連れていく!とスヒョンを連れ出したジニョクでしたが、2人が歩いているのは川沿いのジョギングコース。

騙されたと思いスヒョンが帰ろうとするとジニョクがそっとスヒョンの肩を持って振り向かせると、2人が歩いてきた道の柱にたくさんの絵がかけてありました。

そしてジニョクは1番好きな「どこで何になり再び出会うのか」という絵の前にスヒョンを連れていきます。

有名な詩から生まれたこの絵、実はスヒョンも知っている絵でした。

絵を見つめるスヒョンに「僕たちもどこで何になり再び出会うでしょうか?」と尋ねるジニョクでしたが、”僕たち”という言葉は変だというスヒョンは「特に変わることはないわ」と冷たく返してしまいます。

その夜、色んな感情に押しつぶされそうになり、一人でまたその絵の前に立つスヒョン。

すると、遠くから強い光が近づいてきて自分の前で止まります。

それは自転車に乗ったジニョクでした。

「我慢強いタイプなのに気が付いたらこの場所にいたの」と話すスヒョン。

ジニョクは、「쌈 타는 사이(友達以上恋人未満の関係)っていうのは、好きという感情が確信なのか疑いなのかの間でさまよっていることらしいんです。

僕たち、この好きという感情が感情が確信か疑いか流れに身を任せることにしませんか?

友達でも恋人でもない関係で出会ったことにするのはどうですか?」とスヒョンの目を見つめて語り掛けます。

スヒョンは「友達以上恋人未満として再びであったことにしましょう、私たち」と笑顔で答えたのでした。

2人の関係が急速に変わり始めたシーンでした♡

ジニョクのストレートな伝え方に直視できない!!!

波が海の業ならば

ジニョクは束草に異動させられ、いろんな人から2人の関係を非難され、交際を反対されます。

ジニョクに対するデマや中傷がネット上にあふれ、ジニョクも妬みや悪口を言われる状況。

そんな中、ジニョクのもとにスヒョンから電話がかかってきます。

「考える時間を持ちましょう」というスヒョン。

自分の存在がスヒョンを苦しめていると心を痛めるジニョクに、「怖いの。あなたが傷つくのが怖い。」と初めて本当の気持ちを泣きながら話すスヒョン。

ジニョクは「便りがないのはいい便り。1回そうやって過ごしてみましょう。」と伝えて、2人は距離を置いてそれぞれの時間を過ごします。

お互いを毎日恋しく思いながら過ごす日々・・・

スヒョンはジニョクのカメラでたくさん写真を撮り、イ先生のところへ写真を現像してもらいにいきました。

そこでイ先生の亡くなった旦那さんの話を聞き、先生の「会えるときに会うのが人生です」という言葉にスヒョンは無性にジニョクに会いたくなります。

いつもはジニョクが自分に歩み寄ってきてくれていたことを実感したスヒョンは今度は自分からジニョクの元へと会いに行きます。

束草へと車を走らせるスヒョンは車の中から海辺の防波堤で本を読むジニョクを見つけます。

そしてこっそりジニョクに電話をかけて、気づかれないように後ろから近づきます。

ジニョクはスヒョンにちゃんとご飯を食べて元気にしていると安心させようと、「会社の人たちとご飯を食べに来ている」と嘘をつきます。

スヒョンは「他の社員たちは?」といたずらっぽく聞き、驚いたジニョクはしばらく固まった後振り返って、後ろに立っていたスヒョンを見つけます。

(やっと再会♡♡♡)

そして勢いよく彼女のもとへ駆け寄って抱きしめます。

(キャー――(≧∇≦))

ジニョクの読んでいた本の中にはこんな詩がありました。

「波が海の業ならば、君を想うのは私の業だった。」

海辺で抱きしめあう2人をバックにこの詩が画面に浮かび上がるシーンでこの話は終わるんですけど、絵になりすぎていて言葉が出ませんでした!

運命を感じた瞬間

 

最後は1番大好きな10話から♡♡♡

テギョングループ側の策略により、建築予定地である庭園の主人の怒りを買ってしまい、トンファホテルのキューバ進出は白紙に戻ってしまいます。

事態収拾のためにスヒョンは急遽キューバへ。

ヘインから会社の状況を聞き、以前キューバで自分が訪れた庭園のことを思い出してなんとかしたい一心でジニョクもキューバへと急行!

ジニョクは庭園の主人にスペイン語で今回の件の謝罪・スヒョンの想いを一生懸命につづった手紙を渡します。

主人もその誠意を感じて手紙を受け取りもう1度検討してくれることに!

ジニョクがキューバに来たことを知ったスヒョンは彼に電話をかけますがつながらなくて心配になります。

初めてキューバでジニョクに会ったときの約束のカフェへ行くとそこにはそのときにジニョクが書き残したメモを見つけます。

”また会えたら、彼氏がいるのか聞こうと思っていたんです。”

すると後ろから「お金ありますか?」という声が。

振り返るとそこにはジニョクが!

また再びキューバで再会を果たした2人でした。

(こんなの運命ですよね😻)

(動画の序盤に出てくるジニョクがカッコよすぎて、ドラマのワンシーンじゃなくて何かの広告の撮影みたい😲)

再会した2人は思い出の地巡りをします。

立ち入り禁止の柵を飛び越えてみたり、2人でお酒を飲んだり・・・韓国では堂々とデートできない2人にとっては夢のような時間です。

日も沈み・・・、マレコンビーチの壁からの景色は街のライトが光り海は黒く静かでとてもロマンチックです☆

今まで”代表”とスヒョンのことを呼んでいたジニョクが夜景を眺めるスヒョンを後ろから抱きしめて「スヒョンさん」と名前で呼びます。

(恋人って感じがしてステキ!)

スヒョンは微笑んで、「これからはそう呼ぶことにしたの?それもいいわね」と。

ジニョクはスヒョンの手を握りながら目を見つめて「愛してる」と言い、2人は美しい夜景を背にキスします。

どこまでも素敵なこのシーン!

このドラマの中でこのキスシーンはやたらと長い!!!

見ながらちょっと恥ずかしくなっちゃったんですけど、なんだかもう美しすぎて途中からはそんな風にも思いませんでした。

スヒョンさんと呼ぶことにしたジニョク。

2人の恋人としての距離が縮まったことが感じられますね✨

 

韓国ドラマ「ボーイフレンド」のキャスト&相関図まとめ!

韓国ドラマ「ボーイフレンド」のキャスト相関図についてご紹介してきました!

大注目の若手俳優と大女優の共演は、話題性抜群!

ここだけの話、もちろん絶対に見たい!!!!って思っていましたが、中身にはそこまで期待してなかったんです💦

大好きなパク・ボゴムさんとキレイなソン・ヘギョさんが見れたらそれだけで幸せだなって。

でもそんな風に思っていたことを後悔してしまうほど、本当に素敵な作品でした。

映像は映画のように美しくて、ストーリーも1話からとっても面白くて魅力的なドラマでした。

ぜひ韓国ドラマ「ボーイフレンド」、ご覧になってみてください★

ボーイフレンド韓国ドラマ日本放送2022最新版!地上波BSでの再放送は?

ボーイフレンド 再放送
ボーイフレンド韓国ドラマ日本放送2022最新版!地上波BSでの再放送は?この記事では韓国ドラマ「ボーイフレンド」の日本再放送予定の2021年最新情報をお届け! パクボゴム×ソンヘギョのビックカップル誕生!そんな大注目の韓国ドラマ「ボーイフレンド」を日本では一体いつ見られるのか再放送予定などについてまとめていきます。...

 

ABOUT ME
テク
テクです。アラッソ韓ドラの運営者です。韓国ドラマばかり見ているのでその感想記事を乗せています。今までに200本みました。韓国に留学していた経験もあり韓国語も少しだけできます。BTSはテテ推しです。好きな単語はアラッソ(わかった)なので、サイト名もアラッソ韓ドラです。